« 省エネを本気でかんがえる。 | トップページ | お風呂どうしようか。 »

2005年9月26日 (月)

カビのできないマンション

冬になると、窓の内側が、結露でぐっしょり濡れていた・・・なんてこと、ありませんか。

ぼくの今住んでいるところでは、よくあるんですよ。
結露の水をすうテープを貼っても、焼け石に水ってかんじです。

カビが怖いし、毎回窓を拭くのもめんどくさい。

これは、暖かい空気中にふくまれる水蒸気が、温度差のある冷たいものに触れて、水に戻る現象です。内側に断熱材がある工法では、結露がおこりやすくなります。

サッシ、カーテン、周りの壁が濡れてしまい、気がついたらカビの温床ってこと、よくあるんです。

逆に断熱材が外側にある場合は、コンクリートは室内温度と同調するため、結露は発生しません。

だから、すごくカビが生えにくいんですよ。
アトピーや、ぜんそくを持った方々に、喜ばれているようですね。

0924_2 4S スラブを張って行ってる状況です

|

« 省エネを本気でかんがえる。 | トップページ | お風呂どうしようか。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89704/1472940

この記事へのトラックバック一覧です: カビのできないマンション:

« 省エネを本気でかんがえる。 | トップページ | お風呂どうしようか。 »